ナンピン買いとは、保有している銘柄(株式投資の際には、慎重に選ぶ必要があります)の株価(その日の最初の価格を始値・はじめね、最後の価格を終値・おわりねといいます。今日の終値は○○円なんて、よくニュースでいいますよね)が下がってしまった時に、さらに買い増しを行って、平均取得株価(その日の最初の価格を始値・はじめね、最後の価格を終値・おわりねといいます。今日の終値は○○円なんて、よくニュースでいいますよね)を下げる投資法のことです。 株投資は、安い値段で購入して、高い値段で売却を行うことが基本ですよね。 けれど、購入する際の値段が本当に安いのかは、後になってからしか判りないのです。 そこで、もし、購入した時の値段よりもさがった場合には、買い増しをする事で、購入単価を下げるようにするのです。 購入単価を下げることで、株価(約定があった時の直近価格ですね。株式投資をしていれね、気にせずにはいられないでしょう)が値上がりに転じた際に、少しの上昇でも利益が出るようになるでしょう。 ただ、ナンピン買いした後に株価(約定があった時の直近価格ですね。株式投資をしていれね、気にせずにはいられないでしょう)が上昇すればいいのですが、その後、じりじりと株価が下がってしまう可能性もあります。 そうなると、ナンピン買いが延々と続く危険性も出てくるのですし、利益が出るまで資金が続かないということも少なくありません。 ナンピン買いはリスクを回避する方法の一つとされていますが、ある程度資金に余裕がある時にしかできない手法でもあります。 初心者(教えてもらって当然という態度を取られると、教える方もやる気をなくすものです)の場合ならね、できるだけ避けた方が良いかもしれませんねー